女性の薄毛

普通のシャンプーと育毛シャンプーの違いは?

よくある質問の中で「そもそも育毛シャンプーと普通のシャンプーってどんな違いがあるの?」ということが挙げられます。
これらはそれぞれの特徴を理解することによって、どのようなものを使用すれば髪の毛や頭皮に対して良い影響を与えるのか?ということを知ることが出来ます。
そもそもシャンプーの種類というのは3つに分けることが出来ます。

まず最初に、いつも私達が使用しているシャンプーについてですが、これは髪の毛の洗浄を優先にしているタイプであり、一般的には「石油系シャンプー」「高級アルコール系シャンプー」「ラウレス硫酸」と呼ばれています。
ちなみに今最も流通しているのが「ラウレス硫酸」であり、多くの方が愛用をされています。
ここで高級と言う言葉が出てきましたが、これは炭素数の高さを意味しています。

この炭素数というのは高ければ高くなるほど泡立ちがよくなり、洗浄力が強力になります。
しかし、逆の考え方では、それだけ強力になることで、頭皮に刺激を与えてしまうことになります。
また頭皮に必要となる皮脂までも洗い流してしまうことになるのです。

そう考えますと、頭皮へどれだけの悪影響を与えてしまうのかも想像出来るかと思います。
特に頭皮が乾燥しやすい方はこのタイプのシャンプーの使用は控えた方がいいかもしれません。
そして次にアミノ酸系シャンプーと言われている種類ですが、これは一般的には育毛シャンプーとして使われているものとなります。
髪の毛を構成しているたんぱく質、そしてこれの元になるアミノ酸を配合しています。

アミノ酸というのは、髪の毛や頭皮の栄養分になることから、育毛に最も良い成分と言われています。
最後に石鹸系シャンプーですが、その名の通り、石鹸成分として知られる「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」などを利用しており、頭皮への刺激は少なくなっていますが、その分強い洗浄力があります。
ただしアミノ酸系の育毛シャンプーといったような、髪の毛や頭皮などへ有効的な成分は含まれていません。

このページの先頭へ